施工のこだわり

住みやすさを第一に考慮した家づくり
田原建設では、施工前の地盤調査はもちろん、独自の取り組みとして隣地調査を行っております。
例えば隣の家と窓の位置が同じになってしまうと、カーテンを開けた時に隣の視線が気になってしまったり、換気扇の位置を考慮しないと、隣の家の匂いが部屋に充満してしまったり(その逆も然り)。
こういったトラブルを未然に防ぐために、隣地調査は必要です。
隣地を調査することで、プライバシーと安全性を考慮した家にすることが出来ます。
地盤調査と併せて、必ず実施させて頂きます。
 

隣地調査住みやすさを第一に考慮した家づくり


部屋の雰囲気を考えたライティング・プラン
私たち田原建設は、家族がいつでもリラックスできて、癒される空間づくりを目指し、間接照明を取り入れています。
照明は住まいの雰囲気づくりに欠かせない存在です。
照明は「ただ部屋を明るくするため」のものとして捉えている方もいらっしゃるかと思います。
しかし実は、照明は部屋の雰囲気づくりのために、とても大きく影響します。

部屋の雰囲気を考えたライティング・プラン

こちらのリビング、とってもシックで落ち着いた雰囲気ですね。それは、「間接照明」による効果です。
こちらに用いられている間接照明は「コーニス照明」という、壁際の天井に明かりを取り付け、壁面を上隅から照らす方式です。
このコーニス照明と、トップライトで明るい中でも柔らかく、落ち着いた雰囲気を演出しています。

部屋の雰囲気は照明によって大きく変化します。
せっかく家を建てるのなら、間接照明を使って住まう人にとってオリジナリティあふれる魅力的な空間にしたいですね。

更に、実は照明はお子様の成長面でも大切なことなんです。
照明の光は、人間の感情に働きかけます。家は、仕事や学校で頑張ってきた家族がゆっくりする場所。
だからこそ癒しや落ち着き、または元気の出る雰囲気など、ライティング・プラン(照明計画)をしっかり考える必要があります。
 

お子様の成長のためにできる、照明ワンポイントアドバイス!

ここで少し、お子様のために照明をうまく使う方法をご紹介しましょう。
お子様の成長ホルモンは、夜眠っているときに最も多く分泌されます。
だから「寝る子は育つ」のですね。
お子様が眠る前に電球の色をあたたかい色にすると、メラトニン(眠くなるホルモン)が出やすくなります。
電球の色を変更できる照明であれば、寝る前の時間はあたたかい色に変えておくと、お子様の成長ホルモンがたくさん分泌されやすくなり、成長によい影響を与えるのです。


熟練の職人が施工を担当します
お客様の大切な住まいの建築は、田原建設の仕事を専門で請け負う熟練の職人達が担当いたします。
職人達はこれまで田原建設の考えに基づき、数々の家を建ててきました。
田原建設の家づくりの考えをとてもよく理解しています。
そしてなにより豊富な実績と経験がありますので、施工中でも経験に基づくアドバイスが可能です。
建築中に現場で気になる事や、要望あれば、気軽に大工さんに相談して頂ければと思います。

職人さん


少人数の利点を活かした、全スタッフ対応の家づくり
田原建設は初期段階から社長自らお客様と打ち合わせを担当し、その後は専任の現場監督と大工達が、夢の住まいを実現します。
少数精鋭で運営している会社の利点を活かし、スムーズな連携と意思疎通を行うことで、お客様の要望も漏れなく反映することが出来ます。
家を建てた後も、スタッフ全員がお客様の住まいについて把握しておりますので、メンテナンスのこともお気軽にご相談ください。

全スタッフ